OM-D E-M1 Mark II & F1.2レンズ 夏のフラッグシップ購入応援 大作戦

 2014年9月にE-M1を購入して早4年。後継機のE-M1 MarkIIの買い替えを何度も検討しましたが、ボディ単体で20万円越えの価格がネックになって逡巡していました。
ところがこの夏E-M1 Mark II に12-40mm F2.8 PROキットが追加されたのを機に、フラッグシップへの乗り換えを支援する2つのキャンペーンが開催中です。

shop.olympus-imaging.jp

olympus-imaging.jp

私のケースでは、E-M1 + 12-40mm F2.8 PROを下取りに出すと、キャッシュバックを含め、通常価格267,840円のE-M1 II 12-40mm F2.8 PROキットが、差額117,852円で購入できます。

12-40mm F2.8を手元に残してE-M1ボディだけ下取りに出すよりも、レンズキットで下取りにだして20,000円キャッシュバックをもらった方が、実質価格で得になり、ついでに12-40mm F2.8 PROも新品になります。

通常価格 267,840
お客様価格(5%OFF) 254,448
fotopusポイント(15%) -38,168
E-M1 Mark II 専用 10%OFF クーポン -21,628
クーポン使用後価格 194,652
デジタルリユース買取(E-M1 + 12-40mm F2.8 PRO) 56,800
キャッシュバック 20,000
実質価格 117,852


さらにfotopusポイント5%+製品登録+アンケート回答によるfotopusポイントが12,033ポイントつくので、実質105,819円ということになります。

2019年第一四半期にE-M1 MarkIIを超えるフラッグシップが出るという噂があり、フラッグシップでいられる期間は1年もないかもしれませんが、このタイミングでE-M1 MarkIIに買い換えることにしました。

8月末でプレミアム会員の期限が来るので、オーナーズケアプラスE-M1 MarkII 専用メンテナンスパッケージにも入る予定です。

ほとんどの人はボディ単体を購入済みで、12-40mmキットの箱を目にする機会は少ないと思うので、私にしては珍しく開封の儀の写真を載せておきます。ボディ単体の箱よりは大きいですが、E-M1 12-40mm F2.8キットの箱と差はほとんどありませんでした。

f:id:hishida:20180727200635j:plain

f:id:hishida:20180727200815j:plain

右側の白いビニール袋が12-40mm F2.8。右上がレンズポーチ。その他の付属品は全て左上の箱に収納。f:id:hishida:20180727200931j:plain

12-100mm F4や単焦点PROシリーズの充実で12-40mm F2.8の影が薄くなりましたが、やはりサイズ的にはベストマッチだと思います。

f:id:hishida:20180727203905j:plain

E-M1 MarkIIの高感度性能はAPS-Cの上位機に匹敵するという評価なので、もしかすると手持ちのD7200の出番がなくなるかも。

この機種で是非使ってみたい機能は、プロキャプチャとハイレゾショットです。2000万画素になってトリミング耐性も上がっているので、40-150mm F2.8+MC14でも結構鳥撮りに使えるかも。開発中の噂のある150-400mmが本当に出てくれば、D7200 +シグマ100-400は売り払うことになると思います。

 

f:id:hishida:20180727202713j:plain

GM1と記念撮影。こうしてみると他社一眼よりも小さいとはいえE-M1 MarkIIがでかく見えます。最小のm4/3であるGM1は出張や町歩きのお供としてまだ手放せません。

 

E-M10 MarkII 日比谷シャンテ前 新・ゴジラ像

日比谷シャンテ前のゴジラ像は以前は昭和ゴジラでしたが、今年になってシン・ゴジラに変わりました。全高3m。従来のゴジラ像はTOHOシネマズ日比谷のロビーに移設されたとのこと。

natalie.mu

P7233182

P7233186

P7233188

P7233185

ちなみに以前のゴジラ像が設置されていた時の写真がこちら。写真は撮っておくものですね。

hishida.hatenablog.com

数寄屋橋交差点のソニービルが解体され、銀座エルメスの側面が見えるようになりました。ソニービル跡はなにやら公園らしきものを造成中の模様。P7233193

Lumix GM1 ECO EDO 日本橋 2018

あまりの暑さで写欲が湧かないというあなたへ。夕涼みに夜の日本橋界隈はなかなかのお勧めです。ゆかた祭りのライトアップや福徳神社など、見所いっぱいです。

www.nihonbashi-tokyo.jp

最近出番のないLumix GM1を久しぶりに持ち出しました。今でもスナップカメラとして現役ですよ。

金魚大提灯参道 

福徳神社までの参道は水面に映る花火をイメージしたデジタルアートを開催中。

P1030454

P1030451

P1030447

福徳神社 P1030456

P1030457

P1030455

日本橋麒麟P1030423

P1030420

P1030418

日本橋地区の首都高が景観を損ねるので3200億かけて地下化することが決まったという報道がありましたが、どうなんでしょうか。無駄遣いの気がしますが。

20180712日本橋 | Flickr

E-M1 - 雨の紫陽花

東京も梅雨入りしましたが、雨には雨の楽しみ方があります。防塵防滴のE-M1 + 12-40mm F2.8 PROを持ち出して、紫陽花を撮ってきました。紫陽花の名所巡りをする時間がないので、通い慣れた新宿御苑にて。

P6105029

P6105027

園芸品種の西洋アジサイよりもガクアジサイのほうが好きです。周辺の花びらのようなものは実は「がく」で、中心部の小さい粒が真花なんだとか。

P6105032

P6105026

P6105064

新海監督のアニメ映画「言の葉の庭」に出てきた四阿のモデルになった場所。現実の新宿御苑はアルコール持ち込み禁止ですのでご注意ください。 P6105045

実は最近、E-M1 Mark II 12-40mm F2.8 PROキットが発売され、各種キャンペーンを全て使うと私の場合13万円くらいで購入できる計算になるので、思い切って4年使用したE-M1から買い換える予定です。E-M1を持ち出すのはこの日が最後になるかもしれません。

olympus-imaging.jp

shop.olympus-imaging.jp

 

20180610新宿御苑 | Flickr

Nikon s2 その後

前回、形見分けでもらったNikon s2の話をしました。

hishida.hatenablog.com

シャッターダイヤルが不調のため、Nikon製品の修理では有名なフォト工房キィートスに持ち込んで状態を見てもらいました。キィートスはNikonのOBの方が立ち上げた会社で、ここで治らないものはどこに持っていっても治らないと言われています。

f:id:hishida:20180423115804j:plain

見ていただいたところ、予想以上に状態が悪いことがわかりました。

  • レンズの曇りはバルサム切れで修理は不可
  • シャッター幕はシワがよっており、シャッター速度に影響がある。測定してもらったところ、やはり正しいシャッター速度は出ていない
  • レンジファインダ内部にカビがあり、ピント合わせが正常品に比べてやりにくい
  • フィルムレバーが巻き上げた後自動的に戻らない。
  • シャッタースピードのダイヤルは部品がないため治せるかどうかはやってみないとわからない

概算見積もりでは、程度のいい中古品が買えるぐらいの修理費用になるとのことで、修理は諦めました。

それにしても、嫌な顔一つせず丁寧に不具合を見てくださったキィートスさんに感謝。貴重なお時間をいただいたので、本当なら見積もりだけでも費用が発生するところです。いつか実用になるNikonクラシックカメラを手に入れたら、今度はちゃんとオーバーホールを頼みたいと思います。

 

 

父の形見の Nikon s2

父危篤の報から、1時間後には帰らぬ人となってしまった。苦しんだ時間が短かったことがせめてもの慰めか。取るものも取り敢えず帰阪し、慌ただしく通夜と葬儀を終えた。享年87歳、お疲れ様でした。

遺品を整理していたら、子供時代に撮影してくれたカメラが出てきた。Nikon s2(後期型) + Nikkor-H 5cm F2と、Canon FT QLの2台。形見としてもらうことにした。

Nikon s2はレンジファインダ型のカメラ。絞りとファインダは問題なさそうなので、シャッタースピードがちゃんと出れば使えると思う。修理をお願いできる店を探して見たい。

Nが少しカーブしたNikonのロゴが格好いい。レンズの焦点距離の単位がメートルではなくフィートになっているのは、海外への輸出を意識してだろうか。

P1030398

上面 。シャッタースピードダイアルに問題があり、刻印の位置と、カチッと止まる位置がずれている。つまり、ダイヤルの位置と実際のシャッター速度が違う。1/1000は少しダイアルが浮くので、これを基準に現在のシャッター速度がわかる。1/30以下の低速側は全てバルブになってしまう。P1030399

背面。ファインダは正常で、ピント合わせもちゃんとできる。ファインダに見える二つの像が重なるとピントが合う。

P1030401

底面 。年数を考えると、比較的綺麗。フィルム感度はISOではなくASAになっている。P1030402

内部 は綺麗で、シャッター幕も見た目は問題なさそうだ。P1030403

フィルム交換時はケースががばっと外れる。ケース内部も綺麗。P1030404