Nikon s2 その後

前回、形見分けでもらったNikon s2の話をしました。

hishida.hatenablog.com

シャッターダイヤルが不調のため、Nikon製品の修理では有名なフォト工房キィートスに持ち込んで状態を見てもらいました。キィートスはNikonのOBの方が立ち上げた会社で、ここで治らないものはどこに持っていっても治らないと言われています。

f:id:hishida:20180423115804j:plain

見ていただいたところ、予想以上に状態が悪いことがわかりました。

  • レンズの曇りはバルサム切れで修理は不可
  • シャッター幕はシワがよっており、シャッター速度に影響がある。測定してもらったところ、やはり正しいシャッター速度は出ていない
  • レンジファインダ内部にカビがあり、ピント合わせが正常品に比べてやりにくい
  • フィルムレバーが巻き上げた後自動的に戻らない。
  • シャッタースピードのダイヤルは部品がないため治せるかどうかはやってみないとわからない

概算見積もりでは、程度のいい中古品が買えるぐらいの修理費用になるとのことで、修理は諦めました。

それにしても、嫌な顔一つせず丁寧に不具合を見てくださったキィートスさんに感謝。貴重なお時間をいただいたので、本当なら見積もりだけでも費用が発生するところです。いつか実用になるNikonクラシックカメラを手に入れたら、今度はちゃんとオーバーホールを頼みたいと思います。

 

 

父の形見の Nikon s2

父危篤の報から、1時間後には帰らぬ人となってしまった。苦しんだ時間が短かったことがせめてもの慰めか。取るものも取り敢えず帰阪し、慌ただしく通夜と葬儀を終えた。享年87歳、お疲れ様でした。

遺品を整理していたら、子供時代に撮影してくれたカメラが出てきた。Nikon s2(後期型) + Nikkor-H 5cm F2と、Canon FT QLの2台。形見としてもらうことにした。

Nikon s2はレンジファインダ型のカメラ。絞りとファインダは問題なさそうなので、シャッタースピードがちゃんと出れば使えると思う。修理をお願いできる店を探して見たい。

Nが少しカーブしたNikonのロゴが格好いい。レンズの焦点距離の単位がメートルではなくフィートになっているのは、海外への輸出を意識してだろうか。

P1030398

上面 。シャッタースピードダイアルに問題があり、刻印の位置と、カチッと止まる位置がずれている。つまり、ダイヤルの位置と実際のシャッター速度が違う。1/1000は少しダイアルが浮くので、これを基準に現在のシャッター速度がわかる。1/30以下の低速側は全てバルブになってしまう。P1030399

背面。ファインダは正常で、ピント合わせもちゃんとできる。ファインダに見える二つの像が重なるとピントが合う。

P1030401

底面 。年数を考えると、比較的綺麗。フィルム感度はISOではなくASAになっている。P1030402

内部 は綺麗で、シャッター幕も見た目は問題なさそうだ。P1030403

フィルム交換時はケースががばっと外れる。ケース内部も綺麗。P1030404

E-M10MkII 根津神社のつつじ祭り

根津神社は千九百年前に、日本武尊千駄木の地に創祀したと伝えられる古社で、つつじの名所です。例年より開花が早いようで、もう見頃をむかえています。境内のつつじ苑はつつじ祭りの期間中は整備事業寄付金として入苑料200円が必要ですが、必見。

E-M1 MarkIIと Lumix14-140mm + 25mm F1.8の組み合わせ。

P4081652

P4081642

乙女稲荷の鳥居を見下ろす。 P4081625

P4081647

P4081639

乙女稲荷は奉納された鳥居が並びます。観光客が多く、無人の瞬間を辛抱強く待って撮影。P4081692

P4081705

P4081583

P4081591

この日は地元のお祭りがあり、境内にお神輿が入ってきました。 P4081752

P4081744

根津神社から上野公園はすぐ近く。不忍池に行ってみると八重桜が見頃でした。 P4081771

P4081784

弁天堂ではお釈迦様の生誕を祝う花祭りが行われていました。 P4081798

P4081816

西郷どんとパンダというシュールなショット。 P4081825

20180408根津神社・上野公園 | Flickr

 

E-M1 昭和記念公園 ソメイヨシノとチューリップ園

2018年東京桜名所シリーズの最後は立川市国営昭和記念公園。これまで何度か足を運んでいますが、桜シーズンに訪問するのは初めてだったりします。桜目当てでしたが、主役はすでにチューリップに代わっていました。これからしばらくの間、菜の花、ポピー、ネモフィラなど、様々な花が楽しめます。

P4024474

P4024515

P4024485

P4024453

P4024454

P4024541

P4024522

P4024532

P4024530

川沿いの散歩道は夜間ライトアップされます。P4024560

ネモフィラはまだ養生中ですが、一部咲き始めています。m4/3でも望遠なら背景をぼかせます。P4024581

new album20180402昭和記念公園 | Flickr

E-M1 新宿御苑

千鳥ヶ淵の翌週は桜の名所でもある新宿御苑新宿御苑は桜の種類が多く、開花の期間が違うので、3月から4月半ばぐらいまで桜が楽しめます。ソメイヨシノはもう満開を過ぎて散り始め。

予想通り新宿門は入場券の購入待ちで長蛇の列。丸ノ内線新宿御苑駅から歩くと臨時の入口が設けられていたために、ほぼ並ばずに入場できたのはラッキーでした。日本庭園のシダレザクラが見事でした。

P4014138

P4014176

P4014183

P4014185

P4014236

P4014250

P4014308

P4014360

P4014383

P4014387


20180401新宿御苑 | Flickr

E-M1 千鳥ヶ淵さくら祭り

今年は例年より桜の開花が早く、東京の桜シーズンはあっという間に通り過ぎた感があります。少ない機会で東京の桜の名所を何箇所か回ったので、続けて紹介したいと思います。まず定番の千鳥ヶ淵。最寄駅は九段下ですが、この日は明治大学の卒業式が日本武道館であり、桜見物の人波と合わさって身動きもできない混雑でした。雲も多くて快晴ではないのが残念でしたが、桜は満開で美しいものでした。千鳥ヶ淵はどこを取っても絵になるので、一度は見て損はありません。

P3263953

P3263902

P3263912

P3264002

P3263948

P3263976

千鳥ヶ淵を一周して北の丸公園に向かいます。東京国立近代美術館工芸館。

P3264022

P3264039

田安門でゴール。P3264086

20180326千鳥ヶ淵 | Flickr

E-M1 昭和記念公園の梅林

先週は昭和記念公園で梅を見学してきました。この季節の昭和記念公園は、桜にはまだ早く、名物のポピーやチューリップもまだ養生中で苗の状態なので、園内は人影もまばらです。日本庭園の紅白の梅はちょうど見頃でした。P3123763

P3123762

 

P3123752

P3123761

P3123829

P3123766

現在の花の丘はポピーのお花畑を養生中です。 P3123792

クリスマスローズも見頃。 P3123839

花みどり文化センターでは洋蘭展を開催していました。 P3123847

P3123848

20180312昭和記念公園 | Flickr