読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

E-M1 井の頭恩賜公園

今週(10/2)のカメラ散歩は井の頭公園になりました。休日とあって最寄駅のJR吉祥寺駅からは人の流れが途切れず。結構な賑わいでした。

この日は重い機材を持つ元気が無く、E-M1 + 12-40mm F2.8 とLumix 45-175mmの組み合わせ。(こういう日常スナップで望遠域もほしい場合には、確かに12-100mmF4PROは最適かもしれません。購入する余裕はなさそうですが)PA023865 この辺りは雰囲気のいいお店が多いですね。PA023863

PA023876

人気のボート池。このアングルはカメラ雑誌で見た記憶がある。PA024041

いたずら好きの白鳥がカモにちょっかい。優雅に見える白鳥は意外に凶暴な鳥だという話もあります。PA023886

併設の自然文化園にも入ってみました。水生物園(分園)と動物園(本園)があり、入場料400円でどちらも入れます。分園ではゴイサギアオサギコサギオシドリカリガネなど、身近な鳥を飼育しています。これはゴイサギPA023895

オシドリ新宿御苑明治神宮には毎年渡ってきますが、望遠でないと観察できないので間近で見る機会はあまりありません。PA024100

 最も小さい種類のアヒルのコールダック。

PA023928

動物園は橋を渡って5分ほど。いつもぐたっとしているカピバラPA023945

人気者のアライグマ。この日は小屋の中で休んでいました。PA023951

シロフクロウ。首が180度回る。PA023957

PA023959

今年5月に亡くなったアジアゾウのはな子がいた部屋。数奇な運命を辿ったはな子の物語は有名です。ゾウ舎では現在も献花が絶えません。これほど日本人に愛されたゾウはいないでしょう。晩年にはカナダ人ブロガーが「コンクリートの監獄」としてSNSで環境改善を訴え、国際署名にまで発展しましたが、老齢のはな子をタイに移動することは非現実的で、この動物園の心のこもった飼育がはな子には最も適していたと思います。ちなみに銅像を立てるための募金を行っていました。PA023961

はな子を30年間も献身的に飼育した故・山川清蔵さんと天国で出会った姿を描いた絵。PA023963

PA023974

由緒ある井の頭弁財天を祀る弁天堂。PA023986

PA024081

PA024097

2016.10.02井の頭恩賜公園 | Flickr

 

 

 

E-M1 40-150mm F2.8 新宿御苑

前回の葛西臨海公園の記事の続きです。(長雨が続く中)せっかくの好天なので、日暮れまでにもう一箇所回ることにし、新宿御苑に移動。一時期ポケモンGOのトレーナーに占拠された感がありましたが、最近は落ち着きを取り戻しつつあります(入り口ゲート付近はスマホを見ながらうろうろしている人が多数)。

すっかり秋めいてきた新宿御苑はススキが見頃。そういえばススキも秋の七草ですね。P9253781

同じく秋の七草のハギの花。小さな花ですが、12-40mm F2.8で近接撮影。このレンズは最短撮影距離が短いので重宝します。P9253784

玉藻池にて、カルガモ。ここで以前カワセミを見ましたが、この時刻ではいないか。P9253798

カイツブリの幼鳥か。何度も潜水を繰り返していました。P9253802

大温室にて、やっと咲いたオニバスの花。P9253807

熱帯性のスイレン。季節に関係なく年中見られるのがうれしい。P9253814

P9253817

P9253832

P9253835

陽が落ちるのが早くなりましたね。P9253846

2016.09.25新宿御苑 | Flickr

P.S.

さてフォトキナで発表されたOLYMPUSの新製品群、E-M1 Mark2,12-100mm F4,25mm F1.2,35mm F3.5マクロはどれも魅力的ですが、E-M1 Mark2は初値が高そう。E-M1もまだ購入後2年なので、当分現行機で精進することにします。予想価格が18万ぐらいのようですが、これならフルサイズも比較対象に入ってきますね。

12-100mm F4は便利そうですが、12-40,40-150とF2.8通しと焦点距離がかぶるのでパス。25mm F1.2は大きくて高いのでこれもパス(25mm F1.8を持っているし、買うなら小ズミにしたい)。35mmF3.5マクロは安価で写りもよさそうなので、60mmF2.8マクロではなくこちらを購入する予定です。初マクロとなるので今から楽しみです。

  

 

E-M1 40-150mmF2.8 葛西臨海公園 鳥類園

このところ長雨が続いていますが、先週の日曜(9/25)は好天に恵まれたので、葛西臨海公園の鳥類園を回ってみました。

P9253698

芝生広場にて、ホバリングしながらキバナコスモスの蜜を吸うスズメガ。横から見ると可愛い顔をしていますね。P9253732

たぶんオオバン東京ゲートブリッジを背景に流し撮りP9253718

鳥類園の観察舎から、窓越しにサギ類を観察。アオサギダイサギコサギが餌を採っていました。結構間近に観察できます。P9253768

P9253764

ウォッチングセンターの2階からアオアシシギを撮影。40-150mmF2.8x1.4テレコン(換算420mmでは鳥撮りにはまだ不足)P9253741

園内では随所で彼岸花が見頃でした。P9253774

P9253704

黄色い彼岸花ショウキズイセンらしい。P9253705

P9253730

2016.09.25葛西臨海公園 | Flickr

せっかくの天気なので、この後新宿御苑をはしごしました(続く)。

 

 

 

 

E-M1 葛西臨海公園

台風一過で朝から快晴、絶好の写真日和に。どこに出かけようか思案した結果、鳥類園や水族館など見所たくさんの葛西臨海公園に行ってみました。

葛西臨海公園|公園へ行こう!

都心からだと京葉線ですが、私の自宅のある葛西からだとバスで10分ほど。ディズニーリゾート行きと同じバスなのでいつも満員で敬遠していましたが、これからは訪問回数を増やそうと思います。 

P9053412 観覧車付近と芝生広場では、キバナコスモスが見頃です。P9053423

西なぎさにて、ユリカモメ。P9053450

鳥類園の観察窓からダイサギを観察。他にコサギなど、園内には数十羽のサギがいるようです。P9053484

サービスセンター周辺では、数は少ないながらヒガンバナも咲き始めました。P9053492

クロマグロで有名な葛西臨海水族園は、家族連れやアベックで人気のスポットです。入園料700円は良心的。池袋サンシャイン水族館だと2000円ですからね。P9053505

ネットを賑わせたクロマグロの「謎の大量死」事件があり、最後に残った奇跡の1匹のマグロもついに死んでしまいましたが、新しい世代のクロマグロたちが元気に泳いでいます。天寿を全うしてほしいものです。P9053564

ペンギン園を俯瞰。海に近い場所にあるので逃げないか心配になりますが、過去には脱走するペンギンがいたようです。

orangeorange.jp

P9053571

ここでは泳いでいるペンギンを水中から観察できるのが見所です。P9053575

P9053577

P9053595

P9053596

 驚いたことに、園内ではタンチョウとコウノトリを飼育していました。生まれて初めて見たかもしれない。古文書によると江戸時代には葛西近辺ではコウノトリやツルは普通に見られる鳥だったそうです。赤い頭がタンチョウ。P9053622

こちらはニホンコウノトリ。かなり大きな鳥です。赤ちゃんを運んでくるにしては目つきが怖い。P9053627

P9053630

 この日の写真はこちら。機材はE-M1 + 12-40mm F2.8 + 40-150mm F2.8です。

2016.09.05葛西臨海公園 | Flickr

P.S.

近々発表されるE-M1 Mark2 と12-100mm F4が気になっていますが、買い替えか、買い増しか、それともm4/3にはこれ以上投資しないでフルサイズやAPS-Cを導入すべきか、激しく悩み中です。

 

 

E-M1 浜離宮恩賜庭園 キバナコスモスとチョウ類

浜離宮恩賜庭園は春は菜の花のお花畑が有名ですが、夏はキバナコスモスのお花畑に変わります。今週はお花畑に集まるチョウを目当てに出かけてみました。

OLUMPUS E-M1 + 12-40 F2.8 PRO + 40-150 F2.8 PROP8213299

ツマグロヒョウモン。なかなか羽を開いた状態で撮るのが難しい。P8213223

P8213206

モンシロチョウとモンキチョウの縄張り争い?色以外の文様がそっくりですね。P8213272

アゲハチョウも撮影できました。P8213291

キバナコスモスに混じって普通のコスモスも植えられています。昭和記念公園コスモス畑に行きたくなってきました。P8213157

P8213155

クロアゲハも。P8213236

浜離宮恩賜庭園は海水と淡水が混じっているので、餌が多いのか、シラサギやアオサギが頻繁に観察できます。P8213311

どじょうらしき魚をゲット。P8213328

なんとか流し撮りで追いかけるも、ピントがあったのは1枚だけ。P8213332

この日は非常に暑かった。新橋付近で。P8213339

2016.08.21浜離宮恩賜庭園 | Flickr

E-PL6 食と緑の空中庭園〜天空の大道芸〜ブラジルサロンダンスが楽しかった件

昔はデパートの屋上というと遊園地のイメージでしたが、最近では空中庭園化するケースが多いようです。都内の空中庭園の中でもお気に入りの場所が西武池袋屋上の食と緑の空中庭園。モネの絵画を模した睡蓮の庭がお目当てです。

撮影帰りに時間つぶしに立ち寄ったところ、毎週末行われる「天空の大道芸」のイベントの時間帯で、この日はブラジルサロンダンスでした。約30分のパフォーマンスで最後はカーニバル風のサンバが圧巻。この男性(Ale dancarino(アレ・ヴィラー))はブラジルの有名なダンサーらしく、滅茶滅茶うまかった。リオオリンピックにちなんでか、8月の「天空の大道芸」は毎週ブラジルのダンスや音楽イベントをやるようです。

E-PL6 + 45mm F1.8

P8141435

P8141452

P8141455

P8141470

P8141487

P8141523

P8141552

P8141588

P8141601

ハッチャケっぷりがすごい。P8141628

P8141662

最後はお客様にご挨拶。P8141732

 私にとっては普段使い道のない45mm F1.8ですが、人物撮影だとぴったりの距離ですね。購入して初めて仕事をしたかも。惜しむらくはE-PL6のAFが速くないので動体にはあまり向かないこと。

2016.08.14西武池袋天空の大道芸ブラジルサロンダンス | Flickr

E-M1 国立科学博物館附属自然教育園

港区白金台の国立科学博物館附属自然教育園を訪問してみました。

www.ins.kahaku.go.jp

自然教育園は山手線内にあるとは思えない豊かな自然を残した森林緑地です。整備された庭園ではなく、奇跡的に取り残された武蔵野の自然林を活かした植物園で、園内には豊富な草花や昆虫類、鳥類が観察できます。 自然環境を守るために、同時に入園できる人数に300人までという制限があり、入園時にリボンを渡され、帰る時はリボンを返却するシステムになっています。

P8073066

水生植物園の風景。P8073042

P8073048

ミソハギP8073047

ヒメガマ。P8073049

葉の陰にカマキリを見つけました。(なぜか絞り開放で撮ってしまった。昆虫写真は絞るべきですね)P8073035

クサギの甘い匂いに誘われて、クロアゲハが蜜を吸いに訪れています。P8073063

今回から探鳥用に投入した新兵器がこれ、KOWA双眼鏡 SV 25-8。P8073056防水、小型、軽量、アイレリーフが15mmあって眼鏡使用者でも使用できること、このクラスでは平均以上の明るさ、最短焦点距離が短いので美術館等でも使用できること、何より実際に使用してクリアに見えることが気に入りました。欠点としては接眼レンズのキャップが左右独立のはめ込み式で紛失しやすそうなことでしょうか。

これからは撮影時のパートナーとして手放せなくなりそうです。

2016.08.07自然教育園 | Flickr