新宿御苑 寒桜とメジロ Nikon D7200 + シグマ100-400

先週に引き続き新宿御苑へ。一週間で寒桜の開花が一気に進みました。今週はNikon D7200とシグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMを持ち出しました。

シグマ100-400mmを購入した後で、タムロンからも対抗馬の100-400mmが発売されました。タムロンは三脚座がつけられる上に手振れ補正も若干いいと言われていますが、色々なレビューを総合するとテレ端の解像については互角のようです。

シグマ100-400mm F5-6.3は軽量で手持ちでも苦にならず、解像も非常にシャープなので、お気に入りのレンズです。難点としてはF値が暗いためにテレコン使用時のAFが保証されていないこと。確実にテレコンが使用できる純正300/F4、80-400、200-500あたりが気になっていますが、レンズ沼に陥らないように注意しないといけません。

メジロ DSC_3580

DSC_3473_00001

DSC_3476_00001

DSC_3481_00001

DSC_3493_00001

DSC_3516_00001

ヒヨドリ DSC_3441

ツグミ DSC_3522

アカハラ DSC_3532

カイツブリ DSC_3437_00001

熱帯植物園のスイレン DSC_3564

梅もそろそろ咲き始めました。 DSC_3606

D7200でD7200自身を撮れないので、Zenfone3 Lazerのカメラで記念写真。それにしても寝転がりたくなるような芝生ですね。

f:id:hishida:20180218131618j:plain

この日の写真はこちら。

20180218新宿御苑 | Flickr

 

新宿御苑 カワセミ、コゲラ、メジロ E-M1

ブログの投稿はずいぶんと御無沙汰しています。月に2,3回は写真を撮っていますが、色々と忙しくて整理が追いつきません。とりあえず直近の写真から、ぼちぼち復帰したいと思います。

2/11(日)の新宿御苑。曇り空で時々日差しが射し込む天気でしたが、カワセミコゲラに出会えたのはラッキー。慣れたE-M1 + 40-150mm pro +MC14を持ち出しましたが、D7200+シグマ100-400を持って行けばよかった。

上の池のオシドリは見かけませんでしたが、他の方の写真ブログでは2/12に撮影されていたので、まだいるようです。カモ類の数がめっきり減ったので、渡り鳥の季節もそろそろ終わりかと。

カワセミ P2113539

コゲラ P2113523

日本庭園の寒桜が咲き出しており、メジロが多数。シャッターを押す人も多数いました。

メジロ P2113473

P2113475

P2113478

P2113479

P2113482

P2113487

モズ P2113519

シジュウカラ P2113514

 

20180211新宿御苑 | Flickr

NIKON D7200+SIGMA 100-400 葛西鳥類園

NIKON D7200 + SIGMA100-400の重量にも慣れてきて、手持ちで流し撮りが決まるようになってきました。1.3倍クロップを併用すると換算780mmなので、これでやっと鳥撮りのスタート地点ですね。D7200は1.3倍クロップでも約1600万画素が確保できる点が、後継機のD7500よりも有利です。

当初1.4倍テレコンも購入予定でしたが、テレ端がF6.3と暗いためにAFが使えない様なので、購入は見送りました(その代わりに別のものを衝動買いしましたが、その件はいずれまたご報告を)。このレンズはテレ端の描画がシャープなので気に入っています。あまり寄れないことと、ロックボタンがワイド端位置でしか効かないことがやや残念。

DSC_2606

DSC_2607

DSC_2610

DSC_2611

DSC_2620

DSC_2621

DSC_2622

DSC_2636

DSC_2686

DSC_2702

DSC_2596_00001

2017.10.08葛西臨海公園NIKON D7200+SIGNA100-400 | Flickr

浜離宮恩賜庭園 キバナコスモス畑で蝶撮り

毎年訪問している浜離宮恩賜庭園のキバナコスモス畑。開花期間は1ヶ月ぐらいありますが、今週でそろそろ終わりでしょう。

最近は意図的にD7200ばかり持ちだしていましたが、この日は久々にE-M1 + 12-40mm F2.8 PRO + 40-150mm F2.8 PRO で撮影。APS-C中級機と比較すると大幅に軽く、長時間持ち歩いても疲れません。望遠域だけ不足しているので、OLYMPUSからテレコンの使える100-400が出ることを切望。

P9262326

ツマグロヒョウモンP9262308

P9262305

アゲハチョウP9262294

アオスジアゲハ P9262285 P9262288

セセリチョウP9262312

P9262324

P9262293

P9262376

P9262397

 

NIKON D7200 + SIGMA 100-400mm F5-6.3

冬鳥のシーズン前に、ようやくシグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM を購入。D7200につけて葛西臨海公園に試し撮りに行ってみました。

 ライトバズーカとはいえ、中級機に1160gのレンズはやっぱり重い。300mmと400mmの画角の差が思ったよりないので、もしかすると軽量のAF-P 70-300でも十分だったかも。でも描画はさすがに優れていると思います。

アオサギ

DSC_2440

シギ類。アオアシシギかな。

DSC_2438

ハクセキレイDSC_2431_00001

タカの獲物刈りのシーン。DSC_2473_00001

惜しいことにピントを外した。DSC_2474

この季節なので曼珠沙華も撮ってみる。なかなかの描写力。DSC_2454

DSC_2456

遠景400mm端を試す。DSC_2417

DSC_2430

E-PL6 不忍池の蓮

今が見頃の上野不忍池の蓮。早朝の斜光線で撮るつもりでしたが、出遅れて到着が8時頃に。

軽量コンパクトなE-PL6 + LUMIX G VARIO PZ 45-175mmの組み合わせ。

P7150187

P7150171

P7150172

P7150180

P7150185

P7150166

 ハスを弁天堂の台座に見立ててみました。

P7150151

 

2017.07.15上野不忍池 | Flickr

Nikon D7200 浅草ほおずき市

導入したばかりのNikon D7200 の経験値を上げるために、最近はE-M1を封印しています。毎年7/9,7/10の二日間だけ開催される浅草ほおずき市Nikon D7200で撮ってみました。

この日は目眩がするような暑さで、APS-C中級機のD7200+18-140mmの組み合わせはそれなりのサイズと重量で取り回しがしにくく、あらためて、m4/3のコンパクトさと描画性能とを両立させたシステムとしての優秀性を再認識しました。
E-M1よりも明らかに優れていると感じたのはダイナミックレンジの広さで、ピーカンでも白飛び、黒つぶれがしにくいのはさすが。発色もオリンパスのはっきりくっきりと違ってより自然な感じがします(現像でどうにでもなるのでしょうが)。
反面、2400万画素だとわずかなミラーショックでも微ブレしやすいので、カメラのホールディングには気を使います。D500やD7500の2000万画素は案外適正な画素数かもしれません
D7200を使っていて気になるのは、ライブビュー時のAFが劇遅で、タッチフォーカスもタッチシャッターもないため、ほとんど使い物にならないこと。
素人考えですが、ミラーを跳ね上げたライブビュー時はほとんどミラーレスと変わらないので、ライブビュー時はNikon 1の像面位相差AFにできないのだろうか。

DSC_0706

DSC_0751

DSC_0728

DSC_0716

改修の終わった五重塔。現在は雷門を改修中。DSC_0677

DSC_0680

DSC_0699

DSC_0731

DSC_0697

DSC_0740

DSC_0744

DSC_0767

DSC_0781

DSC_0783

吾妻橋付近から140mmテレ端でスカイツリーDSC_0786

同位置から、18mmワイド端にて。DSC_0787

DSC_0788

DSC_0791

DSC_0793

この日の写真はこちら。

20170710浅草ほおずき市(D7200) | Flickr