読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋葉原 E-PL7タッチ&トライ

新発表のOLYMPUS E-PL7のタッチ&トライがJR秋葉原駅構内で行われたので、参加してみた。記念品に宮﨑あおいさん撮影のフォトブック(「宮﨑あおいさんの写真集」ではない。でも一見の価値あり)と、クリアケースをもらった。

f:id:hishida:20140831141052j:plain

E-PL7はスペックではE-PL5/6より若干重くなっているが、手に持った感じでは大差なく、許容範囲だった。E-M1/E-M10と同様の最新の画像処理エンジンTruePic7を搭載しているので、画質ではE-P5を上回る。PLでは初めて前面ダイアルが付いたが、E-P5のような2x2ダイアルは搭載されていない。自撮り強化が売りのようだがこちらは私には関係ない。

手振れ補正はE-M10と同じ三軸手振れ補正で、モニターでも効果を確認できる。E-M1の五軸に比べると、マクロ撮影時の前後方向の手ぶれ補正以外は、事実上同等らしい。

現在使用しているE-PM2は、コンパクトながらOM-D画質で素晴らしいが、ダイアルが省略されていて操作が面倒なこと、手振れ補正が弱いこと(これはたぶんE-PL5/6も同じ)が気になっている。ステップアップとして

  • E-M1+12-40mm f2.8
  • E-M10+14-42mm F3.5-5.6 EZ
  • E-P5+17mm f1.8

を候補に挙げていたが、ここにE-PL7が加わってさらに悩ましくなった。

防塵防滴と12-40mm f2.8を優先するとE-M1一択だが、いかんせんボディが高い。E-M10レンズキット+オリオンで12-40mm f2.8単品+グリップでもいい気もしている。

 

ついでに秋葉原近辺を撮影したが、こちらはあまり収穫無し。

P8312779

P8312773

P8312785

2014.08.31秋葉原 - an album on Flickr