読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィルムカメラOM-1を入手しました

ヤフオクフィルムカメラOM-1を入手しました。F.ZUIKO 50mm F1.8とZUIKO 100-200 F5のレンズ2本付きで8500円。OM-1はいまさら言うまでもない名機で、OM-Dのご先祖様です。40 年も前の製品ですが、機械式なので現在でも修理が可能で、故障さえなければ現役で使えます。(元箱と説明書、当時の保証書、純正ケースも付いていましたが、汚れが甚だしいので元箱とケースは処分しました。)

OM-1については次のHPが充実しており、参考にさせていただきました。

www1.bbiq.jp

この個体は1973年の初期型のようで、下面にモータードライブの穴がないモデルです。電池が入っていないので露出計が動くかどうかは未確認*1。シャッターや巻き上げ、セルフタイマーはちゃんと動作します。ファインダーを覗くと、おきまりのペンタプリズムの腐食がありました。撮影には影響なさそうですが、ちょっと気になります。他にもアクセサリーシューを外すとゴムの跡が付着しており、決して美品ではありません。(それでもマップカメラの中古を見ても難あり品でも7500円以上はするようです。)

OM-Dは電源位置といい、軍艦部のデザインといい、かなりOM-1を意識していることがわかります。当時のOM-1は一眼レフとして非常に小型軽量だったので、現在のOM-Dは正当な後継者であると思います。

OM-1を触って小さな発見が一つ。現在のOLYMPUS機のライブバルブやライブタイムの設定が、シャッタースピードを最も遅くした次にあるのが不思議だったのですが、OM-1シャッタースピードの輪を見ると、1秒の横にバルブ撮影のBがあります。シャッターボタンを押している間露光する機能で、確かにバルブ撮影はシャッタースピードに関連した機能です。(OM-Dではシャッタースピードのボタンは独立していないので、ライブバルブはシーンにあった方が自然だと思いますが)

50mm F1.8 は当時の標準レンズで中古市場でも豊富に流通しています。付属のF.ZUIKO  50mm F1.8は後期のマルチコートではなくモノコート。見たところでは曇りや傷は目立ちません。

f:id:hishida:20151021182322j:plain

f:id:hishida:20151021182406j:plain

ZUIKO 100-200 F5というのはネットで検索してもほとんど出てこないレンズですが、外見はこんな感じです。ズームは鏡胴を回すのではなく、直線的に引っ張るというのが新鮮です。さらにフードも内蔵で引き出し式。内部も綺麗なので、案外掘り出し物かもしれません。ちなみにOMアダプタの適合レンズ一覧には名前があります。f:id:hishida:20151021181311j:plain

OM-1につけたところ。意外にコンパクトです。

f:id:hishida:20151021181636j:plain

一応m4/3で使ってみたいので、OM-マイクロフォーサーズアダプターを買いました。純正は高いのでSTOKの互換品。金属製でつくりもしっかりしています。 

 レンズがOM-Dで使えれば、十分元は取れると思います。OM-1も一度は試し撮りしてみるつもりですが、現像代やフイルム代を考えるとちょっとおっくうになります。アンティークとして飾っておいてもよいのですが。

*1:試しにLR44を入れてみると、露出計が動作することを確認。実際に使うときはMR-9互換アダプタにSR43を入れればいいみたいです。