E-PL6 アートフィルターを使ってみる

少し前に「PEN-Fに触発されてE-PL6のモノクロを試した」記事を載せましたが、その続きです。

hishida.hatenablog.com

  実は、PENのアートフィルターにエフェクトをつける方法を最近になって初めて知りました。

  1. モードダイアルをARTにする
  2. 上下ボタンでアートフィルターを選択
  3. 右ボタンを押すとエフェクトの選択画面になる(ソフトフォーカス、ピンホール効果、フレーム効果、ホワイトエッジ効果、スターライト効果、フィルター効果、調色)*アートフィルターごとに異なる

ラフモノクローム+ピンホール効果+調色(S:セピア)

P4033222

ラフモノクローム+ピンホール効果+調色(S:セピア)

P4033223

ジェントルセピア+ピンホール効果

P4043244

ドラマチックトーンII+ピンホール効果+調色(P:紫)

P4043245

ドラマチックトーンII+調色(P:紫)

P4043251

トイフォト

P4033225

個人的に気に入ったのは、ドラマチックトーンII+調色(P:紫)ですね(5枚目の銀座和光ビル)。

ピクチャモードのモノトーンの詳細設定は、メニューの撮影メニュー1からフィルター効果や調色が選べるようですが、アートフィルターにモノトーンがないのは謎です。

なお、E-PL7ではヴィンテージやパートカラーが追加されています(E-M1もファームアップで追加されました)。

PEN-Fが高すぎて手が出ないので、手持ちの機種の機能をもう少し使いこなしてみようかと。

4/10までAmazonでE-P5のボディが10%offの4.5万になっており、ほとんど買う気になっていましたが、PanasonicからGX-7 Mark2の発表があり、心が揺れています。E-P5はシャッタースピード1/8000がアドバンテージですが、Panasonicの4Kフォトも鳥撮りにはいい気がします。悩みますね。