Nikon D7200 浅草ほおずき市

導入したばかりのNikon D7200 の経験値を上げるために、最近はE-M1を封印しています。毎年7/9,7/10の二日間だけ開催される浅草ほおずき市Nikon D7200で撮ってみました。

この日は目眩がするような暑さで、APS-C中級機のD7200+18-140mmの組み合わせはそれなりのサイズと重量で取り回しがしにくく、あらためて、m4/3のコンパクトさと描画性能とを両立させたシステムとしての優秀性を再認識しました。
E-M1よりも明らかに優れていると感じたのはダイナミックレンジの広さで、ピーカンでも白飛び、黒つぶれがしにくいのはさすが。発色もオリンパスのはっきりくっきりと違ってより自然な感じがします(現像でどうにでもなるのでしょうが)。
反面、2400万画素だとわずかなミラーショックでも微ブレしやすいので、カメラのホールディングには気を使います。D500やD7500の2000万画素は案外適正な画素数かもしれません
D7200を使っていて気になるのは、ライブビュー時のAFが劇遅で、タッチフォーカスもタッチシャッターもないため、ほとんど使い物にならないこと。
素人考えですが、ミラーを跳ね上げたライブビュー時はほとんどミラーレスと変わらないので、ライブビュー時はNikon 1の像面位相差AFにできないのだろうか。

DSC_0706

DSC_0751

DSC_0728

DSC_0716

改修の終わった五重塔。現在は雷門を改修中。DSC_0677

DSC_0680

DSC_0699

DSC_0731

DSC_0697

DSC_0740

DSC_0744

DSC_0767

DSC_0781

DSC_0783

吾妻橋付近から140mmテレ端でスカイツリーDSC_0786

同位置から、18mmワイド端にて。DSC_0787

DSC_0788

DSC_0791

DSC_0793

この日の写真はこちら。

20170710浅草ほおずき市(D7200) | Flickr