OM-D E-M1 Mark II & F1.2レンズ 夏のフラッグシップ購入応援 大作戦

 2014年9月にE-M1を購入して早4年。後継機のE-M1 MarkIIの買い替えを何度も検討しましたが、ボディ単体で20万円越えの価格がネックになって逡巡していました。
ところがこの夏E-M1 Mark II に12-40mm F2.8 PROキットが追加されたのを機に、フラッグシップへの乗り換えを支援する2つのキャンペーンが開催中です。

shop.olympus-imaging.jp

olympus-imaging.jp

私のケースでは、E-M1 + 12-40mm F2.8 PROを下取りに出すと、キャッシュバックを含め、通常価格267,840円のE-M1 II 12-40mm F2.8 PROキットが、差額117,852円で購入できます。

12-40mm F2.8を手元に残してE-M1ボディだけ下取りに出すよりも、レンズキットで下取りにだして20,000円キャッシュバックをもらった方が、実質価格で得になり、ついでに12-40mm F2.8 PROも新品になります。

通常価格 267,840
お客様価格(5%OFF) 254,448
fotopusポイント(15%) -38,168
E-M1 Mark II 専用 10%OFF クーポン -21,628
クーポン使用後価格 194,652
デジタルリユース買取(E-M1 + 12-40mm F2.8 PRO) 56,800
キャッシュバック 20,000
実質価格 117,852


さらにfotopusポイント5%+製品登録+アンケート回答によるfotopusポイントが12,033ポイントつくので、実質105,819円ということになります。

2019年第一四半期にE-M1 MarkIIを超えるフラッグシップが出るという噂があり、フラッグシップでいられる期間は1年もないかもしれませんが、このタイミングでE-M1 MarkIIに買い換えることにしました。

8月末でプレミアム会員の期限が来るので、オーナーズケアプラスE-M1 MarkII 専用メンテナンスパッケージにも入る予定です。

ほとんどの人はボディ単体を購入済みで、12-40mmキットの箱を目にする機会は少ないと思うので、私にしては珍しく開封の儀の写真を載せておきます。ボディ単体の箱よりは大きいですが、E-M1 12-40mm F2.8キットの箱と差はほとんどありませんでした。

f:id:hishida:20180727200635j:plain

f:id:hishida:20180727200815j:plain

右側の白いビニール袋が12-40mm F2.8。右上がレンズポーチ。その他の付属品は全て左上の箱に収納。f:id:hishida:20180727200931j:plain

12-100mm F4や単焦点PROシリーズの充実で12-40mm F2.8の影が薄くなりましたが、やはりサイズ的にはベストマッチだと思います。

f:id:hishida:20180727203905j:plain

E-M1 MarkIIの高感度性能はAPS-Cの上位機に匹敵するという評価なので、もしかすると手持ちのD7200の出番がなくなるかも。

この機種で是非使ってみたい機能は、プロキャプチャとハイレゾショットです。2000万画素になってトリミング耐性も上がっているので、40-150mm F2.8+MC14でも結構鳥撮りに使えるかも。開発中の噂のある150-400mmが本当に出てくれば、D7200 +シグマ100-400は売り払うことになると思います。

 

f:id:hishida:20180727202713j:plain

GM1と記念撮影。こうしてみると他社一眼よりも小さいとはいえE-M1 MarkIIがでかく見えます。最小のm4/3であるGM1は出張や町歩きのお供としてまだ手放せません。