CHINA FESTIVAL 2019 にalan(阿蘭 阿兰)が登場!

みなさんはalanという歌手を覚えているでしょうか。中国・四川省出身でチベット民族のalan(阿蘭 阿兰)は、2007年に『明日への賛歌』で日本デビュー。2008年、2009年には映画『レッドクリフ』の主題歌を担当するなど活躍。
近年は活動の本拠地を中国に移し、日本での活動は行っていませんでしたが、先日、9月21日、22日に代々木公園で開催されたCHINA FESTIVAL 2019に2年ぶりに登場!相変わらずの美しい歌声を聞かせてくれました。

www.chinafes.net


9月21日は会場で生で鑑賞、22日はニコ生で鑑賞しました。レッドクリフの主題歌の『久遠の河』のイントロが流れ、alanが登場すると会場は割れんばかりの拍手。久々の「阿蘭家族大集合」の夜でした。台風17号接近で雨が心配でしたが、両日とも公演中は雨は降らず、晴れ女の面目躍如。

会場最後方から40-150mm F2.8にて。F2.8の明るさが欲しかったのでテレコンは使わず。それにしてもよく映るレンズです。

E-M1 MarkII + 40-150mm F2.8

f:id:hishida:20190921192749j:plain

f:id:hishida:20190921192758j:plain

f:id:hishida:20190921193135j:plain

f:id:hishida:20190921194641j:plain

チベットフェイクで歌い上げるalan。鳥肌ものです。

f:id:hishida:20190921194848j:plain

f:id:hishida:20190921194950j:plain